ブログblog

不妊・妊活セミナー 体内毒素(AGE) 

体内毒素を溜めない食事を心がけよう
口に入れる食べ物を見直してみませんか?

ブログを読みに来てくださってありがとうございました。

 

 

先日のセミナーの中で

体内毒素AGEが不妊の原因の一つにもなっている😨

というお話を書きました。

AGE
『たんぱく質と棟が過熱でされてできた物質』
強い毒性を持っていて

老化を進める原因になる物質です。

l


なんだか難しく聞こえますね。

 

わかりやすく言うと

糖分と脂肪を多く取りすぎると体内の残って

毒素(AGE)という化学物質に変化します。

 

たまったAGEは体外に排泄されるのに3か月かかり

摂取する糖質や資質が多く 運動不足が続くと

新陳代謝が落ちるので体内にAGEが

どんどん、どんどん、どんどん、どんどん溜まっていき

・美容効果の足を引っ張る
・全身の健康に悪影響を与える

女性ホルモンバランス協会に

不妊治療に来る女性はこのAGEの数値がとても高く

不妊治療に入る前に

毒素を排泄させるところから治療が始まるので

時間はかかるので

そこから始まるのか・・・とショックを受ける方もいらっしゃるそうです。

ですから こういう治療が必要にならないよう

今からでも体を良い方へ変えていっておくといいと思いませんか?

妊娠しやすい健康な体でいてほしいという

願いがあると先生はおっしゃっいました。

体内毒素(AGE)を体内から減らして
ためないようにするには どうしたらいいの?

セミナーで言っていたのはまずは食べ物から気を遣う!

AGEを多く含む食品を口に入れない事だそうです。

 

ホットケーキで例えると

AGEは過熱してこんがり焼けた

きつね色の部分に発生するので

「焼き目の付いた食品にはAGEが多い」

と思っておいてほしいそうです。

AGEの高い食品は

・トンカツ
・唐揚げ
・ステーキ
・焼き鳥
・揚げたり 焼いたり 炒めた動物性脂肪食品
・ポテトチップス
・フライドポテト
・ケーキ
・たばこ(AGEの数値がとても高い)

 

 

 

 

 


こういうものを見ると食べたくなりますね(^^♪

AGEがとても少ない食品は

・生野菜やお刺身など生食品
・ふかしたもの
・蒸したもの

だそうですが、温活したい人には生ものは気を付けたい食品です。

 

 

例えば

朝食 昼食に生ものを食べて夕食には食べないとか

温かい汁ものを必ず付け合せるなど

工夫してみるのはいかがでしょうか?

朝は活動し始めますし

昼は活動が活発な時間帯なので

生活代謝が上がっているので冷えの心配はありません(⌒∇⌒)

 

真夏の暑い時期でも冷えた飲み物はやめて

常温のものを飲んでください。

 

毎日コンビニに行く習慣のある人は回数を減らすところから始めませんか?

ジュースやお菓子など ついつい余分に買ってしまうことはありませんか?

 

生活の中で気づきと工夫で

AGEが多く含まれる食品を減らす工夫をしてみてください。

 

若いうちから口に入れる食品が

スムーズな妊娠につながるのかどうかの

分かれ道の一つになるそうです。

私はセミナーで知ることができたので 皆様にお伝えしたいと思いました。

PAGE TOP